茵蔯蒿(いんちんこう、インチンコウ):漢方薬、生薬の通信販売

生薬・漢方薬販売の中屋彦十郎薬局
↑クリックで中屋トップページへ
漢方薬・生薬一覧へ戻る
 
生薬
漢方薬・生薬の煎じ方
生薬の貯蔵法
煎じ器、土瓶、薬草袋
(漢方薬・生薬を煎じるために必要な道具類)
 
漢方薬
漢方薬総合ページ
病名から漢方薬
漢方煎じ薬の作り方
(生薬を組み合わせて、漢方煎じ薬を作る)
漢方相談
中国漢方販売
 
薬用酒・茶・薬膳
薬用酒(漢方薬酒)の作り方
薬茶(薬用茶)の作り方
→小分けタイプ・生薬の健康茶
薬膳料理(漢方薬膳)
漢方薬湯 (入浴剤)販売
 
精をつける
漢方・生薬の精力剤通販
精力粥
 
生薬について考察
ガン研究対象の生薬
糖尿病と漢方・生薬販売
 
その他取扱品目
黒焼きの研究・通販
もぐさ・お灸通販
野菜・果物粉末販売
ハーブ類の販売
健康食品販売
 

●茵蔯蒿 (いんちんこう)

茵陳蒿(インチンコウ):生薬・漢方薬の通信販売 茵陳蒿(いんちんこう):生薬・漢方薬の通信販売

第二類医薬品

起源

いんちんこうは中国産 キク科のカワラヨモギの幼苗を乾燥したもの。
日本では花穂を用いる。
日本産 日本の本州以南、朝鮮半島、台湾、中国などに分布する多年草。
日本では一般に花の蕾を用いるが、中国では幼若な苗を正品として用いる。
日本では幼若を特に綿茵蔯と称して区分している。
カワラヨモギの名は川原や海岸に生えているヨモギという意味で、日本では徳島県や長野県より出荷されている。
山野、河岸の砂礫地に自生する。
多年生、春、白毛を密生する葉を群生させる。
夏秋頃、白色穂状の小花を点在してつける。
立秋にその葉、茎を刈り取り陰干しにして薬用にする。

産地 中国、韓国、日本。
成分 葉にはクマリン類のスコパロン (エスクレチン) 、
精油 (カピレン、カピロン、カピリン、クロモン類のカピラシンなどが含まれる。
スコパロンやカピラリシンなどには利胆作用が知られている。
このスコポランは花や種子、蕾などに多く含まれるが、幼苗には含まれていない。
種類 野生の野茵蔯は良品です。
薬理作用 胆汁分泌亢進。
効能 利尿剤として、黄疸症状がでた肝臓病に使わます。
顕著な利胆作用がある。消炎、解熱作用がある。
肝臓病の方はぜひ試してもらいたいものです。
茵蔯蒿は古来より黄疸を治療する代表薬としてしられているが、
このような利胆作用のある生薬としては、この他には大黄、梔子、黄柏、ウコン、竜胆がある。

利胆作用
急性肝炎や胆嚢炎による黄疸の症状に用いる。
黄疸初期で発熱・便秘などの炎症症状が強いときは山梔子・大黄などと配合する。 (茵蔯蒿湯)
黄疸が続き、便秘はないが尿量減少し、腹がはって苦しい、
体が重いなどの症状には五苓散を配合する。 (茵蔯五苓散) 消炎作用
湿疹、ジンマシン、口内炎などに用いる。 (茵蔯蒿湯)

用法・用量 煎剤、散剤、丸剤、外用剤。1日3~10グラム。
茵蔯蒿 中国産  生(頭花のみ)500g
2,000円(税込2,160円)

注文数

茵蔯蒿 日本産 原形(頭花のみ)500g
3,800円(税込4,104円)

注文数

茵蔯蒿 中国産 粉末 500g
3,800円(税込4,104円)

注文数

※よく比較される生薬

綿茵蔯
(茵蔯蒿(いんちんこう)はほとんど頭花と茎ばかりで、綿茵蔯はほとんど若葉だけで成り立っている。)


>>その他取扱品目

黒焼きの研究・通販

もぐさ・お灸通販

ハーブ類

→ハーブ販売専門部へ
(生薬と同会計です)

©2001 - 株式会社中屋彦十郎薬舗  All rights Reserved. 
プライバシー保護方針 特定商取引法に基づく表記 SSL

本社・薬局/通信販売
 〒920-0981 石川県金沢市片町1丁目1-29 TEL/FAX 076-231-1301
工場
 〒921-8117 石川県金沢市緑が丘21-9 TEL 076-245-3366